【2020年最新】ウォーターサーバーは1人暮らしにいらない?メリット・デメリットを紹介!

1人暮らしでウォーターサーバーの導入を検討している方も最近増えてきています。

ウォーターサーバーのおすすめポイントは

・水を買う手間がなくなる
・手軽に美味しい水が飲める
・水とお湯の両方をすぐに使える
・コーヒーやお酒を作るのにも使える
コウキ
僕は水道水がまずくて飲めませんでした。地元は北海道で水道水も美味しかったのですが…。現在は関東在住で、水道水は変わらず苦手。歯きやうがいの時ですら拒否反応が起こります(笑)

その点、ウォーターサーバーはペットボトルのゴミも出ず、美味しい水が飲めるので重宝しています!

そこで、実際に2年間ウォーターサーバーを使用して感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

1人暮らしのウォーターサーバーはこんな人におすすめ

水道水が嫌いな人には特におすすめしますが、めんどくさがりの方にもおすすめなんですよね!

・ごみ捨てがだるい
・家にいることが多い
・中途半端に水を残しがち
・水を買いに行くのがめんどくさい

他にも1人暮らしだと冷蔵庫が小さい場合がありますよね?

水で場所を取られてしまうと辛かったりします。

簡単に言うと、

  • 水をよく飲む
  • めんどくさがり
  • とにかく時短したい

そんな方にはウォーターサーバーをおすすめします。

最近のウォーターサーバーは、水とお湯の両方が使えるタイプが多いので、カップラーメンもいつでも作れちゃいますよ!

コウキ
朝起きてから飲む水、飲み会帰りの水、カップラーメンのお湯が自分ではよく使っています。マジで便利です(笑)

ウォーターサーバーを1人暮らしで使うメリット

『1人暮らしでウォーターサーバーは無駄じゃない?』

『そんな水使わないでしょ』

と思う方もいると思います。

しかし、しっかりメリットは存在しますよ!

・うまい水がいつでも飲める
・水とお湯を好きな時に使える
・水を買いに行く手間が省ける
・インテリアとしても優秀な見た目
上記メリットを説明していきます。

1人暮らしでウォーターサーバーを使うメリット①:うまい水がいつでも飲める

ウォーターサーバーの最大のメリットは言うまでもないですが、美味しい水がいつでも飲めるところですよね!

  • 食事中
  • 仕事帰り
  • 朝起きてから

いつでも好きなだけ飲めるのが最大のメリットでしょう。

水道水じゃ満足いかない方や、冷たい水しか飲まない方は自宅にウォーターサーバーがあるだけで生活が劇的に変化すると思います!

コウキ
ジュースなどを飲まなくても美味しい水があれば満足という方もいますよね。水ならば太る心配もないので、健康にもいいですね。

1人暮らしでウォーターサーバーを使うメリット②:水とお湯がいつでも使える

水を飲めるのはもちろんなんですが、お湯が使えるのが結構便利です!

1人暮らしだとカップ麺やレトルトで食事を済ませる方も多いと思います。

ケトルや鍋でお湯を沸かすのが手間で、時間もかかるところをウォーターサーバー1つで解決できてしまうので便利すぎます。

インスタントのコーヒーや味噌汁もすぐにできるので重宝しますね。

朝でも昼でも夜でも活躍するウォーターサーバー!自宅に置いておいて損はないのでは?

1人暮らしでウォーターサーバーを使うメリット③:水を買いに行く手間が省ける

水道水がどうしても苦手でミネラルウォーターを箱買いしてる方もいると思います。

よく水を飲む方はわざわざ買いに行くのが手間ですよね。

その点、ウォーターサーバーは基本定期配送なので家に勝手に届くので、重い水を運ぶ必要もありません。

『通販で水を買えばいいじゃん』

確かにその通りですが、ペットボトルを捨てるのめんどくさいですよね。

ウォーターサーバーを使うとペットボトルのゴミも減る

1人暮らしにおいてゴミ捨てはかなり面倒な部類。

しかもペットボトルのゴミって週に一回だったり、隔週だったりで忘れると結構溜まりがちですよね。

ゴミが少なくなると楽になりますし、環境にもいいのです!

ウォーターサーバーのメリットがこんなところにもあるのは驚きですね!

ウォーターサーバーを使うメリット④:インテリアとしても優秀

ウォーターサーバーって見た目がおしゃれなやつも多いんですよね!

残念ながら、僕が家に設置しているウォーターサーバーの見た目はそれほどですが(笑)

彼女や宅飲みする際にウォーターサーバがあれば、ちょっとした話題にもなりますしおすすめです!

インスタ映えとまではいきませんが、おしゃれな部屋を目指している方はデザインも意識してウォーターサーバを選ぶといいかもしれません。

ウォーターサーバーを1人暮らしで使うデメリット

正直なところ、ウォーターサーバーにもデメリットはあります。

・安くはない
・電気代がかかる
・設置場所の確保
それぞれ体験談を踏まえて紹介していきます。

ウォーターサーバーを1人暮らしで使うデメリット①:安くはない

ペットボトルの水を買ったほうが安いですし、水道水ならほとんどお金はかかりません。

ウォーターサーバー代は無料の会社が多く、水のお金だけ払うスタイルがメジャーです。

月々だいたい4000円前後が相場ですかね。

  • 水にお金をかけたくない
  • 固定費が増えるのは厳しい

なんて人にウォーターサーバーは向いていないのかもしれません。

ウォーターサーバーを1人暮らしで使うデメリット②:電気代がかかる

常に冷たい水とお湯を維持するのには電気代がかかります。

ウォーターサーバーによりけりですが、月額500円~800円くらいが目安です。

これを高いか安いかと思うのはそれぞれですが、いつでも冷たい水と温かいお湯が利用できるので必要経費だと思います。

電気代が気になる方は、電気代が安いタイプやお湯の機能がないタイプのウォーターサーバーを選ぶといいかもですね。

1人暮らしにおすすめなウォーターサーバー

1人暮らしでウォーターサーバーを使うメリット・デメリットを紹介しましたが、実際に使うとなると理想の条件などもありますよね。

・コストが安い
・なにかと融通が利く
・1人で使いきれる量

こんなこと思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は1人暮らし向けのウォーターサーバーをピックアップしてみました!

ぜひ、ご覧ください!

PREMIUM WATER(プレミアムウォーター)


有名どころですがプレミアムウォーターは安くておすすめです!

サーバーレンタル費用 月々の水の量 月々の水の費用 契約年数
0円 24リットル 3974円(税込み) 3年

契約年数が3年という点以外は業界内でも最安と言っていいほどのコスパです!

引越しの予定がなかったり、継続的に使う予定の方はプレミアムウォーターがお得ですね。

また2年契約のプランもあるので、いきなり3年は怖いという人には2年プランも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。



Purest「ピュレスト」



【Purest(ピュレスト)】はボトルの配送ではなく、水道水を美味しい水に変えるイメージです!

サーバーレンタル費用 月々の水の量 月々の水の費用 契約年数
2980円 水道水を使用 水道水を使用 3年

ボトルの配送が無い分、価格も抑えられていますね。

水道管直結型なので、水を足したりする手間もありません。

レンタル料だけで使用できるので、水が余ったり少ないといったこともなくなりますね。

賃貸住宅でも対応しているので、最強のコスパを求めるなら新時代ウォーターサーバー!【Purest(ピュレスト)】で決まりです!



シンプルウォーター



解約金やノルマがない 【シンプルウォーター】は1人暮らしにおすすめ!

出かける回数が多かったり、帰省のタイミングなどでも安心して使えますね。

サーバーレンタル費用 月々の水の量 月々の水の費用 契約年数
0円 18リットル 2250円(税抜き) なし

解約金が無い分、月々の水の費用は少し高くなっていますが、いつでも解約できるのは安心感がありますね。

コウキ
現在僕が使っているウォーターサーバーは3年契約なのですが、もっとお得なものを見つけている(紹介している)ので早くあと一年経たないかなと思っているところです。

ノルマもないので、飲みたい分だけの水代で使用できるのがシンプルウォーターの最大のメリットですね!



ウォーターサーバーで1人暮らしを充実させよう

ウォーターサーバーを1人暮らしで使用するメリット・デメリットを紹介しましたがどうでしたか?

正直、安い買い物ではないので躊躇してしまうところもあるかと思います。

コウキ
僕もウォーターサーバーなんていらないだろと最初は思っていましたが、自宅にあると便利すぎてびっくりしました。今ではウォーターサーバーが無い生活は想像できないです(笑)
自分の生活に合ったウォーターサーバーが見つかるといいですね!
ウォーターサーバーは必ずあなたの生活を豊かにしてくれます。
導入するか迷っている方は無料のお試しをしてみると良いかもしれませんね!



こちらのクリクラは無料でお試しができます!
いきなり契約するのをためらってしまう人には好都合ですね!解約金や送料も無料なので気になった方はどうぞ!
記事にもまとめてるので興味のある方はぜひ!
暮らしを豊かにするウォーターサーバーで生活の質を上げていきましょう!
関連記事

ウォーターサーバーって便利そうですよね。 いつでもおいしい冷水・温水が使えて、飲み水としてだけでなく料理にも使えたり… あなたもウォーターサーバーを使ってみたいと思っていませんか? でもいきなりウォーターサーバーを導入する[…]